有給休暇の時季指定について

休暇に関する事項は、就業規則へ必ず記載しないといけない(絶対的必要記載事項)であるため、時季指定を実施する場合は就業規則へ記載が必要となります。

なお、上記に違反した場合は、30万円以下の罰金が科せられる可能性がありますので、早めの対策をお願いします。

関連記事

  1. 令和3年度最低賃金
  2. 育児・介護休業法一部改正
  3. 公的年金繰り下げ75歳まで可能に
  4. 現物給与の価格改定(令和4年4月から)
  5. 派遣会社の同一労働同一賃金
  6. 健康保険被扶養者要件追加
  7. 【法改正情報】トラックドライバーの働き方改革
  8. 福岡県特定最低賃金改定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP