【法改正】働き方改革関連法案施行

4月1日より下記内容の法律が改正されます。

「有給休暇の年5日の時期指定付与義務」

「時間外労働の上限規制適用」(大企業)

「フレックスタイム制の精算期間の上限を3カ月に延長」

「高度プロフェッショナル制度の導入」

「労働時間の状況の把握義務」

「医師による面接指導の対象者の拡大」

「産業医の活動環境の整備など」

関連記事

  1. 現物給与の価格改定(令和4年4月から)
  2. 公的年金繰り下げ75歳まで可能に
  3. 令和6年4月から労働条件明示のルールが改正されます
  4. 中小企業にも「パワーハラスメント防止措置」が義務化されます
  5. 最低賃金改定
  6. 福岡県特定最低賃金改定
  7. 年次有給休暇付与義務
  8. 育児介護休業法一部改正(10月1日から)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP